FANDOM


Namco System 10(ナムコシステムテン)は、ナムコ(現バンダイナムコゲームス)が開発したプレイステーション互換のアーケードゲーム基板。

プレイステーションの互換基板の上位互換基板「SYSTEM12」をベースに、2Dゲームに特化した基板として作られた。数々の機能を削減する一方で各種I/Oインターフェイスを強化した、SYSTEM12の廉価基板といった位置付けとなっている。

初採用は2001年2月稼動開始の『太鼓の達人』である。

内部構成編集

  • MAINボードシルク表示
    • PCB :(8906970103)
    • シルク:8906960103
  • JAMMA 56ピンエッジ・コネクタ(電源、サウンド、1PLAYER、2PLAYERコントローラインターフェイス)
  • サウンド出力端子
  • 電源入力端子
  • MEM(M)PCB用拡張コネクタ(100ピン):フラッシュメモリやマスクROMの実装に使用する。
  • EXIO PCB用拡張コネクタ(80ピン):I/Oを拡張する際に使用する。
  • GTE/MPU:CXD8606BQ
  • GPU:CXD8561CQ
  • SPU:CXD2938Q

採用編集

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki